売りたかったメリダが納得の買取!熊本だが全国対応の宅配でOK

フレーム素材の良さに憧れてメリダのマウンテンバイクを所有していた30代の男性です。メリダのフレームは自転車業界でも定評があり、自分としては「自転車の良し悪しはフレームで決まる!」と思っていたので、迷わずメリダを購入しました。

所有していたメリダのモデルは『MERIDA/MATTS VTFD500-D』でした。結構値段が高くて無理して買いました。住んでいるところが熊本の山間部にある街なので、舗装していない道もあることからメリダのマウンテンバイクを選びました。メリダのような高価な自転車を乗っている人は自分以外には皆無だったので街を走っていたり止めていたりするとすぐに注目の的になり、また街の人に良く呼び止められることがありましたね。

そんな時に自分はメリダの自転車を所有していることを誇らしく感じたものでした。自慢いっぱいのメリダでしたが、実は実家の稼業を急に継ぐことが決まってからは、会社員時代ほどメリダに乗って楽しむ機会が激減してしまったのです。また、高価な自転車ほどメンテナンスが必要で、乗らなくなってしまうとメンテナンスもお座なりになって部分的に錆が目立つようになってしまいました。

そこで仕方なくメリダを手放そうと決めたんです。でも、近所にはリサイクルショップの無く、また中古自転車の買取業者も無かったので、近くの大きな街の自転車店にメリダを売ろうと出向いたのですが、やはり熊本の自転車店にはメリダの価値がいまひとつ分からないようで、ちょっと意外な低い査定額を出されてがっかりして帰宅したんです。

そうしたら自転車仲間の友人から「ネットでメリダを買ってくれるお店を探してみたらどう?…」ってアドバイスしてくれたのです。早速、ネットでメリダのような高価な自転車を買い取ってくれるような中古自転車買取の業者を探してみたのです。が、自転車を自分で持ち込めるような近場にはやはりメリダを適正価格で買い取ってくれるようなお店は見つかりませんでした。

そこで検索対象を県外にまで広げると、全国対応の宅配で買い取ってくれる業者がたくさん見つかりました。その中で『メリダ製の自転車を高価買取中!』との、正に「これだっ!!」と言った業者が見つかったのです。

その業者は、日本全国からの宅配買取に対応しているので熊本の田舎に住んでいる自分でも買取りしてくれたのです。すぐにそのお店に電話してメリダを売る相談をしました。すると、「まずは仮査定ができるので、自転車の購入時期と価格、それと現在の自転車の状態についてと写メで撮ったメリダの写真をメールに添付して送って下さい…」とのことですぐにそのようにしました。

で、翌日には仮査定額のメールをもらえたのです。その査定額を見た時は、正直言ってビックリしました。だって仮査定額が一番安いメリダの自転車なら購入できるくらいの値段だったからなんです。そんな査定額なのですぐに納得して売る手続きをしました。

宅配用の梱包キットはお店の方で用意してくれたので、まったくの手間いらずでした。かつ、送料もお店負担だったんです。しかも、本査定の価格に納得がいかなかった場合には返送の負担もお店持ちで、キャンセル時の返金にも応じてくれるといった柔軟さなので安心して売ることができたんです。

で…「本査定の価格はどうなったかって?…」もちろん本査定額も仮査定額と同じで、まったく減額は無しでしたよ。しかも『メリダ製の自転車を高価買取中!』と謳っているだけあってメリダの価値を十分に考慮してくれた適正な買取価格だった点が一番うれしかったですね。

クラインを断トツの高値で!東京では一押しの買取でしょう

千葉県に住んでおり、高校時代から自転車が好きでジャイアントやスコットのマウンテンバイクを皮切りに、これまで数台の自転車を乗り継いできた自転車好きな30歳の男性です。

現在乗っている自転車はクラインのロードバイクで、これまで所有した自転車の中で一番長く利用している自転車です。クラインのロードバイクは20万円以上が普通となっているので、かなり無理をして購入しました。さらにフレーム素材がクラインカーボン使用の機種を買ったので値段がかなり高くなりましたが、軽くて操作性についてはこれまで所有した自転車の中では断トツですね。

勤め先は都内の会社なので、ちょっと遠すぎて通勤には使っていません。が、休日には必ずと言って良いほど、自転車仲間らとつるんで地元の街中を走らせたり、ちょっとした遠乗りをして楽しんでいます。

しかし、最近では会社の上司のお誘いもあってゴルフに夢中になってしまって、近頃ではだんだんとクラインを乗る機会も減ってしまったのです。だから「もっとこのクラインを乗ってくれる人に譲った方が自転車にとっても幸せなのかなあ~」って感じたのです。

で、ついにクラインを手放す事を決めました。クラインと言うブランド自転車であり、買値も高かったので地元の千葉県内の中古自転車買取でもそれなりの十分な値段で買い取ってくれることを期待したのですが、やはり千葉県内ではクラインのような高価な自転車の需要が低いことから、県内で当たった業者が付けた買取値はとても低くて手放す気がしなかったのです。

そこで今度はネットで主に東京にある中古自転車買取の業者を探してみたのです。すると…やはり東京なんですね!クラインのようなブランド自転車の買取を専門としている業者がたくさんあるんですよ。また、東京だからこそクラインのような高価なブランド自転車の需要も高いことから、東京の中古自転車買取業者なら絶対に高く買い取ってくれると感じたのです。

そこで試しに選んだ何件かのブランド中古自転車の買取専門業者に査定額を頼んでみたのです。そうしたら…使用している年数はそこそこあるものの、外観も綺麗なようだし、状態も良さそうと言うことで、思いもかけないような高価査定を出してくれたんです。その査定額を見た時には、地元の中古自転車買取のお店が提示した買取価格はいったいなんだったのか?…そう思ってしまうほど高額な査定額だったのです。

そして、その中でも宅配で全国対応の買い取りをしているお店の査定額が一番高かったのです。たぶんそのお店は東京にあるブランド中古自転車買取業者の中では断トツの査定額を出してくれると言って良く、実際に東京のそのようなお店での査定額を比較しても明らかに高い査定額であるのは明白でした。

そして、その時にもう一度「やっぱりクラインのようなブランド自転車を買い取ってもらうなら需要ニーズの多い東京にあるブランド中古自転車買取の専門店でなければだめだなあ~」って感じたんです。加えて、そのようなお店では“ブランド自転車の価値”と言うものをしっかり理解している査定額だとも思いました。

だから、もしあなたがブランド自転車を買い取ってもらいたいと考えているなら、絶対に東京にあるブランド中古自転車買取の専門業者がお勧めです!だって全国対応の宅配買取をしていて、梱包キットもお店で用意して送ってくれる上に着払いなので自分の負担はゼロなのです。

また、そのお店では最初の査定額に対して実車の状態が予想以上に良かったことで本査定では少々買取価格に上乗せの査定額となったのもうれしかったですね。

ルックがこんな高値で!?長崎でも宅配OKで買取してもらったよ

長崎在住でルックのマウンテンバイク(MTB)を愛用している30代の男性会社員です。ルックのMTBは一部の人の間では粗悪品扱いされているようですが、私が買ったルックは、いわゆるハマーのルック車であってホームセンター等で売られているようなルックのMTBではないので値段もそこそこ高かったのです。

とまれ、ルックの自転車を悪く言うような1年くらいでガタが来てしまう事も無く、長崎の坂道でもぐんぐん走りますし、また本格的ではありませんが山道のダート道で自分のルックを走らせて楽しんでも大丈夫でした。もちろん、その分メンテナンスはしっかりしていますよ。

他方で、もっと本格的にマウンテントライアル走行に挑戦しようと考えているので、現在所有しているルックのMTBではやや役不足と感じているので買い替えを検討中なのです。そこで長崎県内にある中古自転車買取業者を探したのですが、なかなか良いところが見つかりませんでした。で、今度はネットで中古自転車買取の業者を探したところ、たくさん良さそうな業者が見つかったのです。

でも、そのような業者は長崎県外で大阪や名古屋、千葉や埼玉といったかなり遠くにあるお店なので「買取りは無理かなあ~」って思っていたのです。ところが全国対応で宅配で買取りをしてくれると分かったので、試に「長崎在住でも宅配買取をしてくれますか?…」と何軒か電話をして聞いたところ、どの業者でも快くOKしていただきました。

また、買取価格がどれくらいになるのかを調べてみたところ、選んだ業者の中には他の買取業者よりも確実に高値で買い取ってくれることが分かったのでルックを売る希望がもてたんです。ルックのMTBは一般的に評価が良くないので、もしかしたら「ルックのMTBは買取りできません…」と断られるのじゃないかと不安だったのです。

が、そんな心配はまったくの無用でした。なぜなら、「ハマーのルック車なら頑張って高値を付けさせてもらいますよ…」ってとてもありがたい言葉を掛けてくれた自転車買取業者もあったからなんです。で、まずは仮査定をしてくれると言うことだったので、その業者のHPにある申し込みフォームに車種・使用年数・購入価格・自転車の状態等の簡単な質問項目に記入して写メで撮ったルックの写真を添付して返信したら、なんとその日のうちにメールで仮査定額を教えてくれました。

仮査定額については、地元で査定額を聞いた額よりも高くて丁寧で適正な価格を提示していただきました。だから自分としては納得のいく査定額だったので売ることに決めました。梱包キットは数日後にその業者から送られてきました。また、仮査定額と本査定額とが大きく変わってしまうことがあるが、そのような場合にはもし満足できない価格であったら送料をお店の負担で返送してくれるとのことでしたので安心して宅配で送ることができたんです。

そして、自転車を宅配で送ってから3~4日経った日に、電話で本査定額の連絡が来ました。本査定額は仮査定額とまったく同額でしたので、即決で売ることを決めました。「本査定額で大きく値が下がるようなら、ちょっと売りたくないなあ~」と考えていたのですが、そのお店の査定はしっかりしていると思いました。

かなり自分では使い込んでいたルックのMTBがこんな価格で買取りしてくれるなんて、ちょっと驚きでとてもラッキーだと思いました。現在はルックを売ったお金に貯金していたお金を足して、本格的なマウンテントライアル走行にも十分に耐えられる新車を購入しました。

高かったビアンキも納得の値段で都内から宅配で買取してくれた

3年ほど前に、念願のビアンキのロードバイクを手に入れたんです。購入したビアンキは通勤や遊びに行く際などに常に使っていました。すごく気に入った良いバイクでした。都内に住んでいて都内の会社に勤めていたので、ビアンキで通勤すると電車の混雑のイライラや時間通りに会社に着けるかの不安さとは無縁で、毎日気持ちよく通勤できて快適なビジネスライフはこのビアンキがあるおかげだなあ~なんて思っていました。

でも…転勤が決まって来月からは福岡での暮らしが始まるので、今度はビアンキで通勤するのは少し遠いので、この際泣く泣く愛車のビアンキを手放そうと決めたのです。で、いつもビアンキの修理等でお世話になっている馴染みの自転車店へビアンキを売ろうと考えたのですが、そのお店では中古自転車の買取はしていないとのことでした。

そこで都内にある中古自転車の買取業者をネットで調べたのです。するとたくさんの自転車買取の専門業者ってあるんですねえ~。そのようなお店では宅配で自転車を買い取ってくれるので、わざわざ売るお店に自分で自転車を持ち込む面倒も無くて、家に居たまま自転車を買い取ってくれるのですごく便利だと思いました。

早速、何軒かの自転車買取業者に当たってみました。しかし、自分が納得できるような買取価格を提示してくれたお店はありませんでした。そこでもう一度ネットで今度はビアンキのようなブランド自転車の中古買い取りを専門にしているような業者に絞って探してみたところ、良いお店がついに見つかったんです!

その買取業者は、都内ではなく千葉にあるお店なんですけど、関東圏内であれば送料はお店の負担で宅配買取してくれるとのことなのですごく助かりました。

さすがにブランド自転車専門の買取業者だけあって、ビアンキの価値や価格を十分に考慮してくれた査定額を提示してもらえました。自分としてもお金をせっせと貯めこんでようやく手に入れた高価なビアンキのロードモデルなので、少しでも高い値段で手放したいと思っていたので、その買取業者の査定額は十分に納得のいく価格でした。

また、対応してくれた店員さんがとても親切な方で、少しでも高く売れるようなアドバイスをしてくれたんです。たとえば、宅配で送る前には自転車をきれいに拭いておく事、購入時期・購入店舗・購入価格・ビアンキのモデル名・購入時に付いてきたオプションパーツや証明書、保証書をきちんと揃えて一緒に宅配で送った方が高く売れるといったアドバイスでした。

そんな愛車を手放さなければならない売り手の気持ちに沿ったアドバイスや査定額を出してくれるのは、「このお店の特徴なんだなあ~」と感じてしまいました。もちろん査定は無料で、お店のHPからメールで自転車の種類や年式・走行状態等の簡単な項目に答えて返信するだけでOKです。

自転車の写真を添付して送れば、かなり本査定額に近い値段を出せるとのことでした。そして、査定額に満足したら電話を入れて宅配のための梱包キットを送ってもらって、それを利用して自転車を送るだけでOKなんです。すごく簡単で感動しました。

で、本査定の価格を聞いたらビックリ!仮査定額よりも少しだけですがアップしていたんですよ!思った以上の高価格で買取りしてもらったので即決で売ることにしました。現在は転勤先の福岡で新しい生活を送っており、未だ新しい自転車は購入していませんが、近いうちにここでの生活にも慣れてきたら、ビアンキを売ったお金を利用して新しいロードバイクを購入しようと思っています。

昔のジャイアントをこんな高値で!北海道在住でも買取可でした

北海道在住の大学3年生の男子生徒です。大学は地元の私立大学経済学部に通っています。通学には愛車である自転車のジャイアントを利用しています。また、自転車ツーリングが趣味なので授業の無い日などはマウンテンバイクの愛車ジャイアントを駆って近場やちょっとした遠乗りを満喫しています。

でも、そろそろ新しいマウンテンバイクに買い替えたいと思っています。で、長い付き合いのジャイアントを手放そうと思うのです。いままでずっと一緒にいろいろな思い出を創ってきたジャイアントなので捨てるのは偲びがたくて、大学の友人に譲ろうと思ったのですが友人らも皆良い自転車を持っているので貰い手がありません。

「もう捨てるしか手が無いのかなあ~」って思っていたところ、仲間が「ジャイアントなら有名だから売れるところがあるのじゃないのか?…」って言ったんです。でも、住んでいるところには、そんな中古の自転車を買い取ってくれるようなお店はないのです…。

そこでインターネットで中古自転車の買取業者を調べてみたら…全国対応で宅配で買取をしてくれるので北海道に住んでいる自分でも宅配買取がOKなんです!そこで早速、良さような自転車宅配買取の業者をピックアップしてみたのです。

で、お店に電話して聞いたところ「ジャイアントに限らずポピュラーなマウンテンバイクなら大歓迎!で買取OK」と言ってくれました。そして、仮査定もしてくれるので、「送ってから安い値段を提示されてしぶしぶ売ってしまう…」なんてこともありません。

仮査定の方法は簡単です。お店によって多少異なるとは思うのですが、自分が利用したお店では、まずお店のHPからメールで売りたい自転車の車種・(分かれば)年式・どのくらい乗っているのか?・故障個所やキズの程度といった簡単な質問に答えて、写メで撮った自転車の写真をパソコンやスマフォに取り込んで質問メールと一緒に返信するだけなんです。

すると1~2日ほどで仮査定額の値段を教えてくれたんです。で、その仮査定額の値段を見てビックリ!!…こんな古いジャイアントでも納得の査定額をだしてくれたんです!自分の予想では「ほとんど値が付かない…」と思っていたので、仮査定額を見た時は思わず「やった!!」と叫びました。

で、その査定額に満足したので今度は電話で売りたい旨を連絡したら、先のメールに記入した住所宛てに自転車を宅配で送るための梱包キットを送ってくれるとの返事でした。自分で段ボールを探さなければいけないと少し面倒に思っていたので、すごく助かりました。

もちろん送料は着払いでOK!とのことで、しかも仮査定額に比べて本査定額の値段が気に入らなければ送り返すための送料もお店で負担してくれるとのことなので感激でした。つまり、自分の懐はまったく痛まずに乗らなくなった自転車を納得の値段で買い取ってくれるのが自転車宅配買取のメリットなんです!

また自分が大切にしていた自転車が今度は他の人に乗ってもらえると考えると、すごくこのお店で買い取ってもらって良かったなあ~と思います。だって粗大ゴミしか他に手放す術がなかったんですからね。無事に送ったジャイアントがお店に到着したら、すぐにメールで到着した旨を知らせてくれて、その翌日にはメールで本査定の買取価格を教えてくれました。

そして売ることを承諾すれば、早くてその日に、遅くても翌日には指定した銀行口座にお金を振り込んでくれます。今は買い取ってもらったジャイアントのお金を頭金にして新品の二代目ジャイアントを学校の通学やツーリングで毎日楽しく乗っています。